通信教育でスキルアップを目指せ|ワンランク上の私へ

最後まで勉強できる工夫

勉強する人

時間と場所を選ばずできる

通信講座の最大の特徴は、通学講座よりも学費が抑えられ、時間と場所を選ばずに勉強ができるということです。教材があれば、通勤時間のスキマ時間も、就寝前のベッドの中でも予習や復讐ができます。通信講座の教材はできるだけ少ない時間で知識が身につけられるように工夫されています。例えば、1日に15分から30分程度時間を割くか、休みの日に一週間分まとめて学習するか、その人の生活サイクルに合わせて進められます。規定の期間であれば、標準期間内に学習が終了しなくても自動延長されることもあるので、落ち着いて勉強をすすめることができます。大体4週間分で1つの単元が終了し、課題を提出するようになっています。通信講座の中には、郵便料金が軽減されることがあり、答案だけでなく、質問を送付する際も料金の負担が少なくなることがあります。

ネット利用で学びやすく

通信講座は従来のような紙製のテキストで学び、郵送でやり取りだけでなく、インターネット回線を利用したものが多くなっています。パソコンやスマートフォンからサイトにつなげて、実際の授業を受講できるのはもちろんですが、テキストもウェブ上から読むことができる場合があります。教材を送付しなくても済むため、受講料自体が軽減されることもあり、学生や主婦でも受講しやすくなっています。課題や質問の送付については、従来ですと郵送でのやり取りにかなり日数を取ることがあり、知りたい時にすぐに答えがわからないもどかしさを覚えることもあるでしょう。メールを利用することで瞬時に質問でき、即日か次の日には返答が送信されることもあり、時間差が生じることがありません。低料金でありながら、通学講座と通信講座との差が少なくなってきています。