通信教育でスキルアップを目指せ|ワンランク上の私へ

相手の心を打つ文章を書く

書く人

細かいニュアンスを修正

志望する大学の推薦入試などにおいて受験科目と同じくらい重要なのが志望理由書です。この志望理由書が大学関係者の人に対する最初の自己アピールですからここで幸先のいいスタートを切ることは当然合格へとつながっていきます。したがって、志望理由書をただ漠然と書くのではなく、きちんと練習を重ねたうえでレベルの高い文章を書くように心がけることが求められます。この志望理由書を書くための腕を磨くのに一番効果的なのが添削を受けることです。自分が書いた文章を自分以外の誰かに見てもらうことでまた違った角度から言葉の使い方や細かいニュアンスなどを指摘してもらうことができます。添削を通してこういった細かい部分を少しずつ修正していくことこそが読み手の心を打つような文章を書くことを可能にするのです。志望理由書は自分のことを大学の人に知ってもらうための絶好のチャンスです。それを活かしきるためには添削を上手に活用することがポイントになるはずです。

受験のプロに見てもらう

この志望理由書の添削はお願いする人によって効果が大きく変わります。大学入試に精通した人とそうでない人であれば言うまでもなく前者の方にお願いをするべきでしょう。故に、学校の国語の先生でもいいのですが、通信教育などの添削サービスを使った方がベターと言えるかもしれません。ほかにも、受験対策の長けた予備校などの先生などに見てもらうのも効果的でしょう。どんな志望理由書を書けば好印象を与えられるのかを熟知しているプロフェッショナルの人に自分の文章を添削してもらうことでどこをどう直せばそれに近づけることができるのかが分かるようになります。そういった積み重ねが合格する確率を高めることにつながるのです。受験勉強はただがむしゃらにするのではなく正しい方法で行うことが何よりも大切です。そのため、志望理由書をうまく書けるようになりたいのであれば通信講座の添削サービスなどを上手に活用することも念頭に置いておくべきでしょう。